やっぱりつれづれ日記

 OLたまきの音楽系エンタメミーハー日記。最近テレビ見てないよ。 NO MUSIC NO LIFEでGo♪ 
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE

SELECTED ENTRIES
     
CATEGORIES
MAIL TO TAMAKI
ゴメンナサイ
現在コメント、TB停止中。

♪お問い合わせはこちらから♪

たまきにメールする?
* Mail Box *



それとも、 mixi ?
mixi
参加コミュ数が、大変なことに♪
SELECTED ENTRIES 2
O-JIRO
LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
OTHERS
SPONSORED LINKS
みんなのブログポータル JUGEM
<< 稲葉浩志 | main | ドッペルケンガー探偵局 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
恋愛ホルモン
こんにちは◎吉井です。

稲葉浩志」の最後に、「恋愛ホルモンでまくり〜」みたいなこといったんで、
つなげて今回は「恋愛ホルモン」について。

たしか以前、TBSで「スパスパ人間学!」って番組があって、何気なく、それをみてたときに知ったこと。どうやら「恋をするとボケない」らしい。

その好きになる相手は、もちろん身近な人でもいいし、アイドルやタレントでも、効果があるという。その時はたしか、氷川きよしのおっかけをしているおばちゃんを追いかけて、「恋をすることはボケを防止するか」について考察していた、ような気がする。(かなり前のことなので記憶がおぼろげ)

では、恋愛ホルモンとは何か。

☆恋愛ホルモン☆
好きな人ができると(たとえ「一方通行」の恋でも)、脳内でPEA(フェニール・エチル・アミン)という脳内ホルモン濃度が上昇する。
これにより脳の働きがよくなる。脳の働きが活発になるというだけで頭がよくなるわけではないらしい。
この「恋の始まり」に欠かせない「トキメキ」ホルモンであるPEAは、精神的に不安定の状態で、「ドキドキ」していなければ分泌されない。


なるほど、脳の働きが活発化することで、いわゆるボケ防止につながる。
だから、熟年層ほど恋をしよう!となるわけね◎

その時、ドーパミンという快楽を生み出す神経伝達物質と、ノルエピネフリンという血圧上昇させるホルモンが分泌されるが、これには気分を高揚させる働きがある。いわゆるオリンピックなどで使用されてお咎めをくらう薬物。
「あの人のことを考えるとときめいて胸がドキドキ」というのはこの二つのホルモンの仕業。
(余談:ドーパミンはいわゆるオーガズム(快感が上昇し極点に達した状態)と深く関係あるらしく出過ぎると大変なことになるらしい。幻覚をみたり、パラノイア(精神分裂病の陽性症状)になってしまうそうだ。逆に出ない人は「パーキンソン病」と呼ばれ、したいと思っていても行動ができなくなるという状態になってしまうと考えられている。


へぇ〜。
ここまでが、恋をしている状態。
ちなみに「PEA(フェニール・エチル・アミン)」を多く含む食品はチョコレートだそうですよ。

そうなってくると今度はエルドルフィンという脳内麻薬が分泌される。
家族の元に帰るとなんだか落ち着く、安心する。恋人といるとほんわかと安らぎを感じる、というのがエルドルフィンの作用。

また、オキシトシンという女性ホルモンが分泌されたりする。これは本来生き物が自分以外の生き物に敵意を持つという本能を、緩和する働きがある。主に母子関係において多く分泌されるものらしい。触れ合うことが快感になるホルモンで、キスや性的な接触で深い満足感を得るのはこのホルモンによるものだ。


これが、愛してる状態。

そして、失恋した時に脳内に分泌される物質がセロトニン。
これは孤独感や鬱状態を緩和する物質。このセロトニンが少なくなると、うつ病になるというが、セロトニンが「抗うつ剤」として使われる理由が理解できる。
糖類を摂取することによって脳内のセロトニン濃度が間接的に上昇するため、疲れた時やイライラした時に「甘いもの」が欲しくなるのも、理に適っているとのこと。


そういえば、疲れたりすると、甘いもの食べたくなるもんなぁ。


恋愛ホルモンて興味深い☆

ちなみに、恋愛を長続きさせたいときは、PEAからβ−エンドルフィンへ
シフトしていく必要があるそうです。
んで、「ジェットコースターに乗ると恋に発展する可能性が高い」とか
「吊り橋で出会った二人は結ばれやすい」とかいわれるのは、
脳みそが「ドキドキ感」を「恋してるのかも」と勘違いするからなんだそうな。
おもしろいね。

吉井が、稲葉さんを大好きなのも、全て恋愛ホルモンのたまもの☆
これで、レッツボケ防止(≧▽≦)/



◎今回、参考にさせていただいた記事◎
脳内現象:http://startingover.seesaa.net/article/1846473.html
恋愛ホルモンを科学せよ!:http://ameblo.jp/vet/entry-10000740697.html
恋愛ホルモン:http://homepage3.nifty.com/icera/essay/essay_hormone_of_love.htm



◎一日一回応援クリック、 ランキングに投票 よろしくお願いします◎
ランキングに投票してリンク先に行くと、このブログの順位がみれます。
| 吉井たまき |  ▼つぶやきコラム | comments(6) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
tomuraさんへ(吉井) (2005/12/29 12:45 AM)
こんばんは◎コメントありがとうございます(^0^)
気が付いていただいてうれしいです◎
テニスにはほとんど縁がないのですが、脳の働きや潜在意識の話はおもしろそうでしたね。あとで、ゆっくり遊びに行かしてもらいます☆
tomura (2005/12/28 5:38 PM)
こんにちは!
戸村です。
すいません^^
コメントなしのTBの件
良く見ると「トラックバックの前にお読みください」
がありました。
気付きませんでした。
以後気をつけま〜す。
これからもよろしくお願いします!
さくらえびさんへ(吉井) (2005/12/26 12:13 PM)
大沢たかおはいい人演じさせても、悪人演じさせてもびったんこはまるからすごいなぁって思う。かっちょいいよね☆
「Jam Films」の大沢たかおもかなり胸キュン♪だったよ〜♪
最後、バカになっちゃうけど、演技としては、まぁ有りかな◎
さくらえび (2005/12/25 10:03 PM)
いやん♪吉井さんも大沢たかおさんが好きだなんて、ますます身近に感じちゃうわ。静かな雰囲気の素敵な俳優さんですよね〜。
「Jam Films」と言うのは知りませんでした。私も探してみます!
さくらえびさんへ(吉井) (2005/12/24 10:02 PM)
男の趣味が合いますなー(^皿^)吉井も、大沢たかお大好きですよ〜◎
「アナザーヘブン」とか大沢たかおの為に観てました☆
この間「Jam Films」っていう短編の映画観たんですけど、そっちは堤幸彦の作品が観たくて借りたんですが、思いがけず、大沢たかおを見れて興奮したばかりのとこです☆タイムリー!
前から観たいとは思ってたんですが、近所のTSUTAYAになくて、観れなかったのをツタヤディスカスの方で見つけまして☆けっこう前の作品ですけどね〜。天才な大沢たかおが、おバカになっていく様がよかったです◎

脳会議、よかったですよね。体のことより、脳内ホルモンの特集のときの方がおもしろく見れたかもしれないです。
トキメキは大事ですよ〜☆杉山だけでなく、だんな様にも是非ときめいてくださいね〜◎だんな様の方も努力は必要ですけどね☆
さくらえび (2005/12/24 8:42 PM)
「スパスパ」懐かしいですね!
私は健康番組って興味はあるんですが、正直見てると不安になるところがあってあんまり見ないんです。でも「スパスパ」は大好きでしたよ☆脳会議が面白かったですね。

やっぱりドキドキしたりときめいたり、大事なんですね〜。
結婚しちゃって5年も経つとその気持ちが忘れがちですが‥w
でも今は杉山こと福士くんにときめいているので、ボケないかなwwwちなみに私の永遠のタイプは大沢たかおさんです←聞いてないって









url: http://kota0hinata.jugem.jp/trackback/226
脳の働き
私達の精神は知・情・意から成り立っています。 つまり、 「知能」 「感情」 「意思、意欲」 の三つです。 これらはA10神経と呼ばれる神経によって活性化されるのです。 実は
| 最新テニス上達法!潜在能力を発揮しよう!誰もが10分で上達してしまう! | 2005/12/27 5:18 PM |