やっぱりつれづれ日記

 OLたまきの音楽系エンタメミーハー日記。最近テレビ見てないよ。 NO MUSIC NO LIFEでGo♪ 
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
MAIL TO TAMAKI
ゴメンナサイ
現在コメント、TB停止中。

♪お問い合わせはこちらから♪

たまきにメールする?
* Mail Box *



それとも、 mixi ?
mixi
参加コミュ数が、大変なことに♪
SELECTED ENTRIES 2
O-JIRO
LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
OTHERS
SPONSORED LINKS
みんなのブログポータル JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
映画・やわらかい手
今日の、山形は大雪です。

雪国に住んでると、
「ああ、こりゃ積もるな」っていう雪の降りかたと、
「これはたいしたことないな」っていう降りかたの違いがわかるようになります。

だからって、何のメリットもないけどね。

そんなわけで、うちの会社は、
会社の駐車場から、社屋までちょっと歩くんですけどね。

駐車場から会社までの少しの道のりを歩きながら、
ちら、と思ったことがありまして。

「傘をさしてる人って、なんかおしゃれ♪」



なんでかっていうと、
あたしの住んでる地域は、海の近くなもんで、
風がえらい強いんですよ。 強風注意報頻発、くらいね。

なので、あんまり傘さしてる人を見ないんです。
 理由 → 強風で、傘折れるから(?)

そんななか、たかが雪、で傘さしてる人を見かけると、
なんか、

「あ〜、自分に気遣いのできる人だな〜。」
とかって勝手に思ってしまい、

「きっと、自分に気遣いのできる人だから、
 他人への配慮も自然にできる人なんだろうな〜。」

とかね。

傘さしてる男の人の姿を見ただけで、
あやうくその人に惚れてしまいそうになるくらいの
 スーパー恋愛体質・吉井たまきです。こんばんは。


あれ、今の前置き??




そうそう、それで今日はね、
気になった映画の話なんざます。

「映画・やわらかい手」 風俗映画だよ。 ←嘘。

内容にね、風俗のことがちょっと(かなり?)でてくるんだけど、
愛と感動の物語なんだって。

愛する人を守るために、あなたはここまでできる!?
 詳しい内容は、公式サイトでチェック☆

 → 映画 「やわらかい手」 公式サイト


今は、渋谷 Bunkamuraル・シネマ で上映中です。

吉井武道館に参加するため、東京に行った折、
見てみようかな? と思案中の作品なのです。


見に行ったら、ブログでご報告するね(≧ω≦)♪


映画も見たいけど、タイアップ企画がすんごいよ。
 これとか。

 → 映画の半券提示で、メルトダームコース(約60分)を90%OFF!
通常価格31,500円→3,150円 (ご新規お客様1回限り)・マリアージュ渋谷店


映画を見た後、極上エステ…。 いいかも。







おもしろ楽しい日記ブログ探すなら、ここをCHECK☆

 →人気ブログランキング・会社員&OL日記


JUGEMテーマ:映画 / おすすめの一本!!


| 吉井たまき | ▽シネマ日記 | - | - |
【映画】タイヨウのうた
今さらながら「タイヨウのうた」
あたし、実はこれはDVD待ちしてる作品なんですが、
公式ブログが面白かったのでご紹介。

 ☆ タイヨウのうた公式ブログ・タイヨウ兄弟がいく

もう、見に行かれた方も大勢いると思いますが、
だいぶ泣くみたいですよね、コレ。

うちの地元はたしか、目下上映中だったと思うので、
ココロがグラグラゆれております。
 劇場で見ようかどうか…。 ああ。

予告ムービーでも、グッとくる、なんて聞いたので
見に行ってみました。

 ☆ タイヨウのうた・オフィシャルサイト

ああ〜。ますます見たくなるぅぅ〜。
そして、予告を見て涙ちょちょぎれそうになってるあなたに
とっておきの衝撃画像。(てか、見たことあったらゴメン…。)

 ☆ タイヨウ兄弟 冒険篇・望郷、暴挙、冒険?

…この劇場看板の「塚本くん」てば、ちょっといただけなくない?
これじゃ、全然別人だよ。(てか、結局コレがいいたかった。…汗)

人気ブログランキングへ ♪ ブログランキングに参加しています ♪
| 吉井たまき | ▽シネマ日記 | comments(2) | trackbacks(2) |
「東京タワー」が映画化。
東京行く前にもう1個ね。

 ☆リリー氏小説「東京タワー」が映画化

だって。
記事によると「ぼく」は、なんと「オダギリジョー」がやるらしい。

んで、その下に単発ドラマ化、って記事も載ってるんだけど、
こっちは「大泉洋」くんがやるんだってよ? …ああ、ちょいと楽しみ◎

ちなみに映画の脚本は >リリーさんの希望もあって、松尾スズキ(43)が担当

なんだそうな。
ああ!そういえば大人計画のチケ取るのすっかり忘れてた!!(°Д°)

…この時間じゃおそらくとれんじゃろうが、がんばってみる…
時間もないんだよなぁ。

 ☆大人計画フェスティバル
| 吉井たまき | ▽シネマ日記 | comments(4) | trackbacks(0) |
あおいちゃん、「なんですかこれ!」
こんばんは◎吉井です。
「純情きらり」に出演中のあおいちゃん。かわいいねぇ。
女のあたしも、思わず目を奪われるかわいらしさ◎
毎朝、朝ドラ楽しみです♪

そんなあおいちゃんですが、最近びっくりすることがあったみたい。

 ☆突然の現ナマ3億円に宮崎あおい「なんですかこれ!」

日本の犯罪史上最大のミステリーともいわれている「府中3億円強奪事件」。犯人が捕まらないまま時効を迎えて、すでにもう22年という歳月が流れている。
この、いまだに捕まらない犯人は女子高生だったという中原みすずの同名タイトルの小説を映画化した『初恋』の完成披露試写会が行われ、宮崎あおいほか共演者が登壇した。
この日の試写会場に、警備員の人数が異様に多いのは訳があった。「3億円強奪事件」にちなみ、ジェラルミンケースに入れられた「本物」の3億円がサプライズとして運びこまれたからだ。
突然目の前に出現した“現ナマ3億円”に来場者と出演者は悲鳴に近い声をあげたが、宮崎あおいは絶句。司会者に感想を求められ、やっと「なんですか! これ?」と大声でをあげた。ほかの共演者が“現ナマ3億円の感触を確かめるなか宮崎だけはなかなか現金に触れようとはしなかったが、最後は恐る恐る札束を両手に持ってマスコミに笑顔のサービスをしていた。『初恋』は6月10日より全国にて公開。(引用文)


この記事の写真のあおいちゃんは、ちょっとはじけた髪型をしていたけど、
公式サイトを見に行ったら、なんか、切なくなった。

あおいちゃんは笑った顔がステキなのに。

 ☆『初恋』公式サイト

公式サイトは、しっとりと作り上げられていて、なかなかキレイだったと思う。
ジャズバー"B"がまだ準備中だったので、どんなコンテンツになるのか、
ちょっと楽しみ◎

映画を見る前に、原作を読んでみたくなった。

アラ。うちの地元でも上映されるみたいね☆
見るかどうかは、6月になったら決めようかな。

↓ 原作 ↓
初恋
初恋
中原 みすず



ランキングに投票 ←応援クリック、ありがとうございます◎
| 吉井たまき | ▽シネマ日記 | comments(2) | trackbacks(0) |
あたし、川尻松子。
こんにちは◎吉井です。

吉井の気になる人、劇団ひとりがなんとまぁ、中谷美紀嬢とキッスをしたって聞いて、
矢もたてもたまらず、そのニュースを見に行った。

 ☆「嫌われ松子の一生」完成。劇団ひとり、中谷美紀とのキスの味は?

松子というひとりの女性の破天荒な転落人生を描いたベストセラー「嫌われ松子の一生」が、「下妻物語」の中島哲也監督によって映画化された。
4月10日、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われた完成披露試写会では、主演の中谷美紀をはじめ、土屋アンナ、伊勢谷友介、劇団ひとり、BONNIE PINK、谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)などジャンルを超えた異色のキャストたちが勢揃いし、観客を前に舞台挨拶を行った。
劇中、中谷演ずる松子と不倫関係になる作家志望のサラリーマンを演じた劇団ひとりは、中谷とのキスシーンについて「キスシーンの演技は初めてだったので緊張し、大好きなコーヒーを控え、歯茎から血が出るほど歯を磨きました。ミントを20粒ほど食べたけど、ミントの匂いがバレるのが恥ずかしくてウーロン茶でかき消しました」と語った。「劇団ひとりさんのファンなので、私も緊張しました」とフォローする中谷に対して劇団ひとりは、「撮影から1年ほど経ちますが、あれからプライベートでもキスしてないんですよね」とぼやき、会場を爆笑の渦に巻き込んだ。5月27日ロードショー。(引用文)


そうなんだ。
気になったので、公式サイトにもいってみる。

 ☆「嫌われ松子の一生」オフィシャルサイト

わわ。昭和の薫り…。ウットリ。
なんだかぱっと見、すごくゴージャスな映画じゃない?

あ〜。見てみたいかも〜。

劇中音楽が、歌詞付きで主人公の人生を表現してるっていうのがまず気になるし、
松子が付き合うそれぞれの男を色に例えてるっていうのも気になる。
アラ。クドカン、物書きの役やるのね。それ、前にどっかで聞いたことあるなぁ。
この映画のことだったのか〜。(←記憶力があまりない。)

しかし、トップページの谷原氏、歯の光り方がすごい◎(一人だけキラーン。)

ケイゾク以上にはっちゃけちゃってそうな中谷美紀ももちろん気になる。
セットもかわいらしい雰囲気だね〜(≧▽≦)☆

あ。あれだね、この映画に柴咲コウが出てるんだけどさ、
彼女、なんだか中谷美紀と同じ系列の顔してない?
そう思うのはあたしだけかなぁ。

この映画、劇場に行って観るかっていうと、仙台まで出ていかないと
観れないっぽいから、ちょっとしり込みする。ウゥ。
DVDならぜひ見てみたいかも◎フフ。キャスティング、豪華だし♪

↓ 原作本 ↓
嫌われ松子の一生
嫌われ松子の一生
山田 宗樹


 =追記=
こんなに楽しそうな映画に仕上がってるけど、なかなか撮影は大変だったようで、
中谷美紀嬢は、監督の厳しい演技指導に「女優引退」まで考えたんだって。
そこまでがんばって作り上げた作品だったら、違った意味でもちょっと観てみたい感が増しました◎女優さんって、たいへんなんだなぁ。



ランキングに投票 ←応援クリック、ありがとうございます◎
| 吉井たまき | ▽シネマ日記 | comments(0) | trackbacks(1) |
<new | top | old>